SIG TX
Special Interest Group on Telexistence

第3回テレイグジスタンス研究会

TX_logo_furukawa0

概要

多くの方にご参加頂いておりますテレイグジスタンス研究会も第3回目となりました.
今回も第一線で活躍されている方々に最新の成果をご披露頂く予定です.
皆様のご参加をお待ちしております.

日時

2013年12月20日(金)14:00-19:00

場所・アクセス

東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館3階31A会議室

タイムテーブル

14:00 開会挨拶 / 舘 暲 (慶應義塾大学)

14:10 持田康弘(NTT未来ねっと研究所),
Marc Carroll(Georgia Institute of Technology),北村匡彦,
白井大介,藤井竜也(NTT未来ねっと研究所)
「REMOCOPを用いた遠隔協調作業アプリケーションの開発」

14:40 高橋宣裕(電気通信大学)
「身体部位を模したヒューマンインタフェース作品群」

15:10 吉崎 航(株式会社V-Sido)
「ヒューマノイト・ロボットのための操縦ソフト V-Sido」

15:40 休憩

16:00 徳田 雄嵩,檜山 敦,三浦 貴大,廣瀬 通孝(東京大学)
「実空間走行式等身大CGアバタに関する研究報告」

16:30 尾形正泰,大西樹(慶應義塾大学)
篠沢一彦(ATR 知能ロボティクス研究所),今井倫太(慶應義塾大学)
「肩乗りアバタのインタラクションデザイン」

17:00 小林博樹(東京大学)
「手がかり情報のやり取りでつながり感を醸成するアニマルコンピュータインタラクションの研究」

17:30 佐藤克成(奈良女子大学)
「テレイグジスタンスのための温冷覚提示技術」

18:00 閉会の挨拶 / 稲見 昌彦 (慶應義塾大学)

19:00 懇親会 山上会館

懇親会について

会場: 東京大学本郷キャンパス 山上会館
時間: 19時~21時
会費: 5000~6000円

参加について

  • 参加をご希望の方 は,「お名前・ご所属・懇親会参加の有無」を添えて
    12/17(火)までに以下までメールにて参加登録をお願いします.
    スクリーンショット 2012-12-02 2.26.52
    ※ 講演者の方は参加登録は不要です.
  • 会場にて予稿集を1000円で販売致します.

ご発表者の方へ

  • 下記フォーマットに従い,予稿をご用意下さい.
    • 提出締切 12月2日23:59 JST
  • 原稿フォーマット  LaTeX_sjis / MS_word
    • 投稿論文はVR学会口頭発表用のフォーマットで作成して下さい.
    • 編集可能なPDF形式にフォントを埋め込んで提出して下さい.
    • 予稿ページ数は 2ページまたは4ページ とします.
  • 著作権委任状  Copyright
    • 記入・押印して当日会場までお持ちください.
  • 発表要項
    • 発表15分,質疑15分でお願いします.
    • ラップトップをご持参下さい.
    • プロジェクタは 会場のものをご利用下さい.
    • アナログRGB入力,推奨解像度XGA(1024×768)/WXGA(1280×768)
主催:日本バーチャルリアリティ学会テレイグジスタンス研究委員会
共催:慶應義塾大学KMD国際バーチャルリアリティ研究センター

運営

主催:日本バーチャルリアリティ学会テレイグジスタンス研究委員会
共催:慶應義塾大学KMD国際バーチャルリアリティ研究センター

更新日 2013年12月18日 7:40 pm

(C) 2017 VRSJ, Special Interest Group on Telexistence All Rights Reserved.