SIG TX
Special Interest Group on Telexistence

第12回
テレイグジスタンス研究会

 

 【中止のお知らせ】6/18(月) 午前7:58ごろ大阪府北部で震度6弱を記録した地震により,登壇者のほとんどが参加が難しい状況となりました.つきましては,6/19開催のテレイグジスタンス研究会開催を中止いたします.参加予定の皆様におかれましては,誠に申し訳ございません.開催については,現在延期を検討しております.

6/19 AM 12:15掲載

日時・場所・アクセス

2018年6月19日(火)  

14:00-17:30  研究会 名城大学 天白キャンパス 共通講義棟北5F N504講義室
17:30-19:30 懇親会 名城大学 タワー75 15F「そらいろラウンジ」

 

タイムテーブル

14:00-14:10

開会挨拶 柳田 康幸(名城大学)

14:10-14:40

感覚フィードバックによる身体拡張部位への身体所有感の生起
宮本拓,根原直希,原彰良,北尾太嗣,古川正紘,安藤英由樹,前田太郎 (大阪大学)

14:40-15:10

指装着型Haptic Through Systemsの提案
河合秀樹(名城大学),梶本裕之(電気通信大学),佐藤克成(奈良女子大学),柳田康幸(名城大学)

15:10-15:20

休憩(10分)

15:20-15:50 

移動ロボットに対するownership/agencyの構成要因
華俊杰 ,古川正紘,前田太郎(大阪大学)

15:50-16:20

ANA AVATAR XPRIZE Rule Book レビュー
古川正紘,前田太郎 (大阪大学)

16:20-16:30

閉会挨拶 舘暲(東京大学)

16:30-17:30

見学:名城大学 柳田研究室,他

17:30-19:30 

懇親会 名城大学 タワー75 15F「そらいろラウンジ」

参加について

会場にて予稿集を1000円で販売致します.
研究会への参加申込は不要です.
懇親会参加の方は【6月15日(金) 正午までに】こちらからお申し込み下さい

ご発表者の方へ

  • 原稿フォーマット  LaTeX_sjis / MS_word
    • 投稿論文はVR学会口頭発表用のフォーマットで作成して下さい.
    • 編集可能なPDF形式にフォントを埋め込んで提出して下さい.
    • 予稿ページ数は 2ページまたは4ページ とします.
  • 著作権委任状  Copyright
    • 記入・押印して当日会場までお持ちください.
  • 発表要項
    • ラップトップをご持参下さい.
    • プロジェクタは 会場のものをご利用下さい.
    • 講演は発表15分・質疑15分です.

運営

主催:日本バーチャルリアリティ学会テレイグジスタンス研究委員会 
共催:JST ACCEL身体性メディアプロジェクト

(C) 2017 VRSJ, Special Interest Group on Telexistence All Rights Reserved.